Mine in Hokkaido

〜北海道の炭鉱遺産・鉱山遺跡〜


羽幌炭鉱鉄道 羽幌炭鉱本坑
1940年に開鉱し、1968年には年産113万トンの石炭を産出しましたが、エネルギー革命の煽りを受け、1970年に廃鉱。ホッパーやシックナー、巨大な立坑櫓など、多数の鉱山施設が残っていますが、地面にいきなり穴が開いている場所があるそうで、むやみに藪漕ぎをして施設内に入るのは危険です。
※管理されています。

住友鉱山 奔別炭鉱
1960年に建てられた国内最大級の立坑櫓が凛々しい炭鉱遺産。1967年に坑内でガス爆発事故が起こりました。1970年には年産142万トンにも及ぶ石炭産出量を誇りましたが、1971年に廃鉱。 建物は崩落の危険性がある為、立入禁止となっています。また、プレハブ工場の敷地内にあるため、撮影には許可が必要になります。
※管理人が常駐しています。道遺産指定。

北炭汽船 幾春別炭鉱
1920年に建てられた立坑櫓とその巻揚げ場の遺跡。この錦坑櫓は、現存する立坑櫓では北海道内最古のものとなります。1885年に開鉱し、1942年には年産18万トンの石炭産出量になりましたが、1953年に採炭停止し、1957年に廃鉱になりました。現在は、三笠市の博物館の敷地内に存在し、博物館が開館している時間帯なら自由に見学することができます。 但し、夏場は藪漕ぎをすることになるので注意が必要です。
※管理されています。道遺産指定。

住友鉱山 赤平炭鉱
1895年に開鉱し、1994年に廃鉱。1963年に立てられた4段ゲージと呼ばれる4段のエレベーター(1段に18人で合計72人を一度に運べる)がある立坑櫓は当時、東洋一とまで言われました。現在でも再使用できるほど保存状態は良いのですが、建物の一部を住友石炭鉱業が使用しており、一般の人は内部には入れません。
※管理人がいます。転用されています。

三菱鉱業 美唄常盤台炭鉱
1923年に建てられた立坑櫓で、この美唄炭鉱では、入気用と排気用の立坑櫓が隣接して建っています。北海道で2番目に古い櫓です。周辺は炭鉱メモリアル公園として整備され、この立坑櫓も朱色に塗られ、当時の面影を無くしてしまいました。すぐ近くにホッパー(原炭ポケット)や開閉所のコンクリート施設、坑口跡などが残存しています。公園化しているので自由に見学することができます。
※管理されています。

北炭汽船 幌内炭鉱 第一立坑櫓
1879年に開鉱し、1889年に北炭に払い下げられ、北炭幌内炭鉱となりました。1967年に建てられた第一立坑櫓は入気用の合掌型立坑櫓です。第二立坑櫓とは離れた位置に建っています。周辺は工業団地になっており、この立坑櫓も、工場敷地内に建っています。 竪坑櫓の施設そのものは廃墟化していますが、隣接する建物は通電しており、まだ使用されています。見学には許可が必要になります。
※管理されています。

北炭汽船 幌内炭鉱 第二立坑櫓
1879年に開鉱し、1889年に北炭に払い下げられ、北炭幌内炭鉱となりました。1974年に建てられた第二立坑櫓は排気用の立坑櫓です。第一立坑櫓とは離れた位置に建っています。1975年にガス爆発事故が起こりました。廃鉱後は、民間企業の敷地内に残存していましたが、残念ながら2005年に解体されました。
※解体されました。

三菱鉱業 下○鉱山
1933年に鉱脈が発見され、1941年に三菱鉱業によって開鉱した銅山。1982年に廃鉱になりました。鉱山施設のほぼ全てが残存しており、長いトロッコ軌道はなかなかの見ごたえでした。現在は、元が銅山だったために、今でも鉱廃水水処理施設が稼動しています。
※管理人がいます。一部稼動中です。

三菱鉱業 芦別炭鉱
三菱芦別炭鉱は1921年に開鉱し、1933年に一時休山しました。1947年に再び開鉱し、1964年に廃鉱になりました。写真は選炭工場だった建物で、閉山後、常磐木材の工場として再利用されましたが、その工場も廃業し、しばらく廃墟として残っていましたが、解体されました。
※写真の建物は解体されました。

古河鉱業 浅野雨竜炭鉱
1928年に開鉱し、1968年に廃鉱になりました。その後、ダム建設により出来た人工湖『ポロピリ湖』の湖底に、炭鉱施設が沈みました。ローマの水道橋のような施設が美しい炭鉱で、干水期にその姿を現し、一部の施設には近づくことができます。ポロピリ湖の展望台に当時の集落図が展示されています。 夏場は藪漕ぎが必要になり、春〜秋にかけて熊が出没するそうなので注意が必要です。
※管理されています。

明治鉱業 庶路炭鉱
1938年に明治鉱業によって開鉱しました。太平洋戦争中は、一時休山していましたが、戦後再び再開し、戦後の復興期のエネルギー生産の一端を担っていました。1960年にガス爆発事故が起こり、1964年に廃鉱になりました。現在は、林と草原の中にホッパーなどのたくさんのコンクリート施設が残ってい て、見ごたえがあります。
※管理されています。

羽幌炭鉱鉄道 築別炭鉱
1939年に太陽産業によって開鉱し、羽幌3坑(羽幌、上羽幌、築別)の中でも最大の規模を誇りました。しかし、エネルギー革命の煽りを受けて、1970年に廃鉱になりました。 集落跡はたくさんの遺構が残っているため、今でも訪問者が絶えず、廃村にしては珍しく人気の観光スポットになっています。
※管理されています。

北炭汽船 真谷地炭鉱
1893年から北炭汽船によって開鉱されました。良質の原料炭を産出する炭鉱でしたが、1987年に廃鉱になりました。現在、敷地内は炭焼き施設になっているようで、きちんと管理されています。写真は、貨物列車用のホッパーで、かつては、ここから沼ノ沢駅まで専用鉄道が走っていました。
※管理されています。

中外鉱業 上国鉱山
1939年に開業した通称『上ノ国鉱山』と呼ばれているマンガン鉱の鉱山です。12基並ぶロケットのような構造物は、浮遊選鉱焙焼炉で、マンガン鉱山特有のプラントです。選鉱所は、山の裏側にあり、そこから索道で鉱石を運んでいたようです。金属価格の暴落により、経営難に陥り、1986年に閉山になりました。
※管理されています。

雄別炭鉱鉄道 雄別炭鉱
1920年に開鉱し、1944年に戦争のために、一時休山。翌1945年に再び操業を開始し、1964年には72.6万トンの出炭量を誇るほどでしたが、1970年に廃鉱となりました。現在は、林の中に木々に埋もれながらホッパーなどが残っています。
※管理されています。

北炭汽船 赤間炭鉱
1941年に開鉱し、1965年に廃鉱。近所に777段のズリ山階段があります。独特の形をしたベルトコンベア斜路が敷設している原炭ポケットが現在でも残っています。周辺は公園化しているので自由に見学することが出来ます。
※一般無料公開されています。

北炭汽船 幌内本沢炭鉱
1879年に開鉱した北海道初の洋式技術を取り入れた機械化された大規模炭鉱。1989年に閉鎖しました。多くの施設が取り壊され、コンクリートの遺構ばかりになってしまいました。2005年以降、幌内炭鉱景観公園として周辺整備がなされて おり、現在は、下草が刈られて遺構が見やすくなっています。
※管理されています。

三井鉱山 砂川炭鉱 第一立坑櫓
1914年に開鉱しました。1940年には年産161万トンを記録しましたが、1987年に廃鉱になりました。廃墟後も民間企業の作業場として利用されていました。ドラマ『北の国から』にも登場した立坑櫓です。この立坑櫓は山の上にあるのですが、麓の街の方にあった中央立坑櫓は、地下無重力実験センターの落下塔(落下距離710m)として使用されていました。中央立坑櫓の転用が2003年に廃止になり、それに伴って第一立坑櫓は2003年に解体されました。中央立坑櫓は保存されるそうです。
※解体されました。

住友鉱山 鴻之舞金山
1915年に金鉱脈が発見され、鉱山集落が出来ました。鴻ノ舞金山は、1936年には金の採掘量日本一になるほどでした 。第二次世界大戦中は、労働力不足を補うために、朝鮮人労働者が従事していました。1973年に資源の枯渇により廃鉱となり ました。鉱毒が出るので、鉱水処理施設はまだ稼動しているようです。
※管理されています。

北炭汽船 万字炭鉱
1903年に開鉱し、1976年に異常な湧き水事故が起こり、技術面・採算面から見て復興不能と判断され、廃鉱になりました。木々の中に、ホッパーや坑口、変電所跡などが残っています。現在、炭鉱跡地は、万字炭山森林公園として整備されています。
※管理されています。

三井鉱山 美唄盤の沢炭鉱
1928年に開鉱し、1963年に廃鉱となりました。写真は第二坑(盤の沢坑)の原炭ポケットです。この形は三井型といって、三井系の鉱山に見られる円形じょうろ型のホッパーです。現在は、民間企業の敷地内の山林の中にあるため、許可なしでは近づくことはできません。
※管理されています。

九州鉱山 太刀別炭鉱
1963年に開鉱した炭鉱で、炭鉱の本体は、隣接する昭和 炭鉱よりも山奥にありますが、この選炭場は、道路沿いのわかりやすい場所にあります。ここまで軌道で石炭を運んでいました。1969年に廃鉱になっているので、わずか6年しか操業していなかったことになります。炭鉱資料は、沼田町ふるさと資料館に保存されています。
※管理されています。

三菱鉱業 手稲金山
1890年頃から細々と採掘がされていた金山ですが、銅や銀も産出し、1935年に三菱鉱業により大規模経営がなされるようになりました。1939〜1941年には月6万トンの産出量を記録し、国内第2位の産金量を誇りました。1971年に廃鉱になりました。現在は、民間企業の敷地内の斜面にかつてのホッパーなどがせせり建っています。
※管理人がいます。

※画像をクリックすると調査レポートのページに飛びます。

※画像をクリックしてもページが飛ばない場合は、調査レポートを公開していない物件です。

その他の物件

Return

 

inserted by FC2 system